うるま市の民泊許可申請相談

うるま市の民泊申請相談

うるま市で旅館業や民泊の許可申請を考えられている方は、沖縄旅館業民泊許可申請センターにご相談下さい。

初回相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

旅館業申請専門の行政書士が、旅館・ホテル営業・住宅宿泊事業申請をサポートいたします。

民泊とは

民泊とは
民泊とは
違法民泊とは
違法民泊とは
民泊の始め方
民泊の始め方

 

旅館業や民泊の受給事例

旅館・ホテル営業
旅館・ホテル営業
特区民泊
特区民泊
住宅宿泊事業
住宅宿泊事業

 

代表メッセージ

旅館業・民泊の申請手続きを専門としている行政書士の横関と申します。

「民泊」と言っても「旅館・ホテル営業(又は簡易宿所)」「特区民泊」「住宅宿泊事業(新法民泊)」と3つの種類の民泊があり、それぞれに違いがあります。

沖縄県の場合は「特区民泊」の制度はありませんので、「旅館・ホテル営業(又は簡易宿所)」か「住宅宿泊事業」のどちらかで申請をすることになります。

旅館・ホテル営業の許可は取れないけれど、住宅宿泊事業は出来るというケースもあったり、住宅宿泊事業が出来ると思っていたら出来なかったというケースもあります。

民泊事業を始める前に重要なことは「民泊を始めることができるか」「どのタイプの民泊を始めるか」「違法営業になっていないか」などを調査しておくことです。

複雑な民泊関連の法令に精通した旅館業民泊専門の行政書士にお気軽にお問い合わせ下さい。

 

沖縄旅館業民泊許可申請センターに依頼するメリット

沖縄旅館業民泊許可申請センターにご依頼頂きますと、こんなメリットがあります。

 

豊富な経験の専門家が責任を持って対応!!

旅館業法の大幅な改正に加えて、住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されるなど、「民泊」というビジネスに関して新たな法令や改正など法整備がおこなわれています。

沖縄旅館業民泊許可申請センターでは、こういった新法や法改正にも対応しています。

 

ご依頼者様を迷わせません

民泊の難しさは「ホテル旅館」「特区民泊」「住宅宿泊事業」の3つの営業形態のそれぞれの違いを理解しておく必要があることに加えて、地域ごとに制定されている条例の内容を理解しておく必要があることです。

沖縄旅館業民泊許可申請センターでは、それぞれの営業形態の違いをわかりやすくご説明して、ご希望に近い営業形態での申請をご提案いたします。

 

ご依頼者様の負担を軽減します!

旅館業の申請や住宅宿泊事業の届出をするにあたって、たくさんの書類を用意しなければいけません。

また、どのような書類が必要なのかを行政窓口に何度も足を運んで確認することになる場合もあります。

沖縄旅館業民泊許可申請センターでは、ご用意頂く書類などを依頼者様にお伝えし、不明な点は当センターが行政窓口で確認をして依頼者様の負担を軽減します。

 

まずはご相談下さい!

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号(任意)
物件所在地(必須)
件名 (必須) 民泊全般について消防設備についてリフォームについてその他のお問い合わせ
お問い合わせ内容(必須)
上記の内容にお間違いがなければ、チェックを入れ送信してください。

 

 

うるま市の旅館業申請関連窓口一覧

旅館業の申請は各地域を管轄する保健所、消防署、市役所などへ必要な書類を提出します。

 

沖縄県中部保健所

旅館・ホテル営業の申請は管轄の保健所に提出します。

沖縄県中部保健所ホームページ

所在地 〒904-2155 沖縄県沖縄市美原1-6-28
電話番号 098-938-9787
アクセス

 

うるま市消防局

旅館・ホテル業や住宅宿泊事業を始める場合は消防設備を設置して管轄の消防局へ届出が必要です。

うるま市消防局ホームページ

所在地 〒904-2224 沖縄県うるま市大田44番地1
電話番号 098-975-2119
アクセス

 

うるま市役所

用途変更など建築に関することは市役所で確認します。

うるま市役所ホームページ

所在地 〒904-2292 沖縄県うるま市みどり町一丁目1番1号
電話番号 098-974-3111(代)
アクセス