国家戦略特区の「民泊」

特区民泊という言葉を聞きいたことがあるという方も多いのではないかと思います。

特区民泊とは国が指定した国家戦略特別区域(特区)で、かつ、旅館業法の特例として民泊の営業をするための条例を制定した自治体でおこなうことができる形態の「民泊」です。

沖縄県も国家戦略特別区域に指定をされていますが、民泊に関する条例は制定されておりませんので、2018年1月現在で沖縄県で特区民泊の営業をすることはできません。

2018年6月以降に沖縄県で民泊を始める場合は「旅館・ホテル営業(又は簡易宿所)」か「住宅宿泊事業」のどちらかを検討することになります。