Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

民泊の始め方

どちらの形態の民泊にするか

沖縄県で民泊を始める場合「ホテル旅館営業」か「住宅宿泊事業」のどちらの形態の民泊を始めるかを最初に決める必要があります。

物件によっては住宅宿泊事業しかできない場合やどちらの民泊も出来ない場合がありますので、ご注意下さい。

 

消防設備の設置

民泊を始めるためには消防設備を設置しなければいけません。(家主居住型の住宅宿泊事業で寝室部分が50平米未満の場合は消防設備の設置は不要です)

主な消防設備は自動火災報知機、誘導灯、消火器などです。

二階建ての300平米未満の施設の場合、無線式の簡易的な自動火災報知機で認められる場合があります。(住宅用の自動火災報知機とは異なりますのでご注意下さい)

当センターでは沖縄県内で数社消防設備会社と提携しておりますので、ご要望がある場合は、消防設備の設置のサポートもさせていただきます。

 

インテリアの準備

民泊を始めるために必要な家具や電化製品を用意します。

ご自身で全てご用意されるか、外部に委託する方法もあります。

当センターでは民泊専門のインテリアコーディネーターと提携しておりますので、ご要望がある場合はインテリアコーディネートのサポートもさせていただきます。

 

掃除会社との契約

民泊を始めると日々のリネン交換などのハウスクリーニングが必要になります。

これもご自身で全てされるか、外部に委託する方法もあります。

民泊申請のお問い合わせはこちら